予防歯科|桜台で歯医者をお探しなら西條歯科医院

練馬区桜台駅の歯科治療を行なっている「西條歯科医院」

受付時間

0339924141

歯周治療

歯周治療とは

歯周治療とは

初診時から歯科医師と衛生士とがディスカッションしながら取り組んでいきます。
最初は簡単な歯石除去から始まり、歯周組織の炎症をおさめる為、徹底したブラッシング指導を行います。かなり深い骨欠損(歯周ポケット)がある場合には歯周外科を行いポケット内をクリーンにし、だぶついた歯肉は整形します。予後が悪い歯は抜歯する場合もあります。
歯肉疾患を発症している方は治療後も後戻りする傾向があるので定期的なメインテナンスを続けていきます。

PMTC

PMTC

毎日、すみからすみまで歯磨きをしているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所に汚れがたまってしまうものです。「PMTC=(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」は歯科衛生士が特別な機器や薬剤を使ってプロならではの歯のクリーニング行うことで、普段の歯磨きケアでは取り除くことのできない頑固な歯の汚れを取り除きます。PMTCには、歯の汚れを取り除き、きれいな歯を保つだけでなく、その結果として虫歯や歯周病を予防する効果もあります。

定期健診

定期健診

当院では健全な歯周組織を得る為の努力を惜しみません。治療完了後は、口腔内の状態により3ヶ月、6ヶ月毎に定期健診を葉書にてお知らせし、一日でも長く良い状態でお食事できるようお手伝いしていきます。歯周疾患は徐々に進行していくので定期検診は欠かせません。終わりのない治療ともいえます。

歯周疾患について

歯周疾患の原因

歯周病の原因

虫歯も歯周疾患も細菌感染ということは周知のことですが、どこが細菌感染口なのでしょうか。
歯周疾患に関しては歯と歯肉の境目(歯肉溝)なのです。
細菌繁殖の温床となっているプラーク(細菌と食べかすの塊)が歯肉の境目に長期に付着していると歯肉が炎症を起こし緩んで、細菌の侵入を容易に許してしまいます。
歯肉が炎症を起こしていると歯ブラシが当たると痛みを感じ出血するので、そこを避けてブラッシングする方が多いです。
そうするとますます悪循環となって、細菌が深く侵入し骨を破壊して、咬む力が加わることによって歯がグラグラ揺れてきます。
ここに至るまで痛みか不快感を訴える方は早期に手当ができるのですが、痛みを感じない方は歯が抜ける、又は歯を抜かざるを得ない状態になります。

歯周疾患を防ぐ為に

骨が溶けると元に戻らないという事実を知ってほしいです。
なによりもプラークを除去し歯肉の血管内の血行を促すためのブラッシング・マッサージが必要なのです。
ブラッシング・マッサージは毎食後が望ましいのですが、
朝・昼は簡単な歯磨きでも夜は寝る前、20~30分は丁寧なブラッシングを心がけたいものです。
また、自分では正しいブラッシングをしているつもりでも磨き残しが見られます。3か月毎の定期健診でブラッシングの見直しと歯周ポケット内のクリーニングを行うことは重要なことです。

補綴物をご使用の方も要注意

白くて綺麗な歯にしたい!何でも噛める歯が欲しい!とインプラントなどの高額な自費治療を行う方もおられます。 しかし緩んでしまった歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)の上に出来上がったものは砂上の楼閣にすぎず、それまでの時間と労力が水の泡となります。
大切なのはメンテナンスです。当院はメンテナンスのサポートを行っております。是非ご相談ください。